家

夢の一戸建てを建てるコツ|子育てにバッチリな場所選び

大阪のベッドタウンに住む

間取り図

多くの需要に応えて

大阪の代表的なベッドタウンである枚方市では、通勤に便利な新築一戸建ての人気が高くなっています。しかし交通の便だけではありません。枚方市には6つの大学をはじめ、数多くの文教施設やスポーツ施設があり、落ち着いて子育てをするために新築一戸建てを選ぶ方もいます。商業施設の再開発が進められ、生活至便なことから、現在でも枚方市の人口は増加傾向にあり、それだけ新築一戸建ての需要も多いと言えます。枚方市でも高齢化が進行しつつあり、住宅のバリアフリー化が急がれています。リフォームで対応できる場合もありますが、最初からバリアフリー設備の整った新築一戸建てを選ぶという方法もあります。断熱性の高い新築一戸建てなら、光熱費の節約にもなります。

金利負担は最低レベル

現在では大規模な金融緩和政策により、住宅ローンの金利が過去最低レベルにまで低下しています。これ以上下がることは考えにくく、今後は市場の状況次第ですが、金利が上昇に転じる可能性もあります。ですから新築一戸建てを購入するなら、今がチャンスと言えるでしょう。平成31年6月までは、所得が一定以下の人に対して「すまい給付金」が支給される制度もあり、いっそう新築一戸建てを購入しやすくなっています。中古住宅でも支給を受けられますが、その場合は耐震診断などを受ける必要があります。枚方市ではハウスメーカーの分譲住宅や、工務店の注文住宅など、さまざまなタイプの新築一戸建てが販売されていて、ネットからも簡単に検索できます。